読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Chromeのアプリを追加してみた

Chromeのアプリケーションが表示されるページ( chrome://apps )を
私はWEBページショートカット置き場に使っている。

新しいMacBookAirに買い換えたときに以前まで使用していたアプリが
「作成者が削除したため使えません」と言われてしまってとても不便な思いをしていた。

あまりにも不便すぎたので自分でアプリを作れるか試したところ、
とてつもなく簡単に作れてしまったのでやってみた。


アプリ追加の流れ

1. manifest.json ファイルを作る
2. 128 x 128 の画像ファイルを用意する
3. 1と2で作ったファイルをChrome拡張機能パッケージ化
4. Chromeに追加する

手順

1. manifest.json ファイルを作る
{
  "manifest_version": 2,
  "name": " xxxxx ",
  "description": " xxxxx ",
  "version": "1.1",
  "icons": {
    "128": "xxxxx.png"
  },
  "app": {
    "urls": [
      " xxxxx "
    ],
    "launch": {
      "web_url": " xxxxx "
    }
  },
  "permissions": [
    "unlimitedStorage",
    "notifications"
  ]
}

^ 「 xxxxx 」のところを変更した

2. 128 x 128 の画像ファイルを用意する

用意したら任意の名前をつけたフォルダにmanifest.jsonと画像を入れる


3. 1と2で作ったファイルをChrome拡張機能パッケージ化

Chrome拡張機能ページ( chrome://extensions/ )に移動。
上部にある「拡張機能のパッケージ化」をクリックして、開いたダイアログの「拡張機能のルートディレクトリ」に
作ったフォルダを指定して、「拡張機能のパッケージ化」

フォルダと同じ階層に「フォルダ名.crx」と「フォルダ名.pem」の2のフォルダが生成される。

4. Chromeに追加する

Chrome拡張機能ページ( chrome://extensions/ )に
生成された「フォルダ名.crx」をドラッグあんどドロップして追加する。

これでアプリページ( chrome://apps )に表示されてるはず!
されてなかったら知らない。


作ったフォルダと生成されたファイルは削除してしまって問題ないらしい。
(私は一応残してる)



アプリの公開はしないからブログには書かないが、
もし必要があれば公式を見ればおk


support.google.com


これでpivotalを一発で開けるようになったぞ!